国昭建設株式会社

【こ】
こころと
技を磨き

【く】
区民への博愛と
奉仕を通じ

【し】
将来を託す
人財を

【よ】
養成継続
させる責務が

【う】
有智高才の
努めなり

HOMEHOME
HOMEHOME
HOMEHOME
HOMEHOME
HOMEHOME

 当社は一般土木工事のほかに、時代のニーズに適応した環境事業に取り組んでいます。
 それは雪氷冷熱エネルギー事業で、積雪寒冷地である北海道で、「厄介物」として扱われてきた雪を「エネルギー資源」として利用し、様々な施設に導入する取り組みです。

雪氷エネルギーとは

 
雪氷エネルギー利用とは、雪や氷のエネルギーを、建物の冷房や農作物の冷蔵に利用することです。
雪は積雪寒冷地においては従来、除排雪や融雪などで多くの費用がかかるいわば「厄介物」でした。
その雪をエネルギーとして有効利用することで、除排雪・融雪の費用を抑えられるだけでなく、省エネルや石油代替効果、二酸化炭素の排出抑制にも大きく貢献することができます。

雪氷冷熱エネルギー

 
積雪寒冷地において雪は自然に降り積もる天然資源であり、豊富に存在します。雪氷冷熱エネルギーはこの寒冷地特有の気候を利用したエネルギーです。また電気の代わりに冷房や冷蔵に利用することで、二酸化炭素排出を抑制することができるため、環境性に優れたクリーンなエネルギーです。
雪氷冷熱エネルギーは、平成14に新エネルギーに位置づけられ、現在は全国に数々の導入事例があり実用化段階にきています。
今後は、省エネルギー・二酸化炭素排出抑制だけえなく、雪氷を農産物に利用することで付加価値をつけたり雪氷を利用した施設が地域のシンボルになるなど、エネルギー的側面以外でも可能性を秘めたエネルギーといえます。

旭山動物園への自然氷プレゼント

 
冬の外冷気で水を凍らせ自然氷を作り、冬に貯蔵した雪を使い地下雪氷庫で翌年の夏まで自然氷を保存、その氷を真夏に旭山動物園に寄贈しています。

 ターミナルビルの大規模冷房
 
場  所  北海道千歳市新千歳空港内
利用方式  ターミナルビルの大規模冷房
貯雪量  7.5万㎥
運用開始  平成22年5月~
公共施設の雪冷房
 
場  所  山形県川西町
利用方式  公共施設の雪冷房
貯雪量  1,000トン
運用開始  平成20年6月~
氷による農作物低温貯蔵
 
場  所  北海道池田町
利用方式  氷による農作物低温貯蔵
貯雪量  450トン
運用開始  平成19年3月~

CONTENTS

トレンド(kokusaku now)
社員社会貢献活動
会社情報
土木工事
雪氷エネルギー利用
注文住宅オーナー様メンテナンス
シロクマギャラリー
シロクマ通信staffblog
facebook